イギリスボランティア留学

イギリス・ボランティア留学するにあたって必要な英語力と心構え。

投稿日:2018年1月20日 更新日:

イギリスボランティア留学を検討中の方が気になること。

それは「英語力」ではないでしょうか。

ボランティアとはいえ、イギリス現地で働くにあたってどれくらいの英語力が必要なのかとても気になるところだと思います。

簡潔に正直に言うと、英語力、あるにこしたことはありません。

そりゃそうだよねって話なのですが…。

 

施設に来て、同じ階に住むポーランド人の同僚と言葉を交わした時のこと。

私がひとことふたこと彼女と言葉を交わした瞬間、彼女の眼が大きく見開き。

 

Wow…!

なんでそんなに英語話せるの!?

あなたみたいに英語話せる日本人ボランティア、

私がここで働き始めてから初めて見た…!

 

…と言われました。

 

ここで忘れてはならないのが、私の英語力。

まったく大したものではありません。

ボランティア留学をする前に11ヶ月語学留学をして仕入れただけのレベルの語学力なのです。

もちろん大金をはたいて11ヶ月イギリスで語学学校に通いイギリスに滞在していたのですから、完全に英語初心者というわけではありません。

しかし、全くペラペラではなく、日常生活をする上では困らない程度。

ですが、少なくとも相手が何を言っているか全く分からないというレベルの英語力ではありませんでした

 

今回はイギリスボランティア留学をするにあたっての「英語との向き合い方」とでもいいましょうか…

そんな感じの思いを記事にしてみたいと思います。笑

周りの人の為、そして自分の為

英語力がなくてももちろんボランティア留学には参加できるわけですが、私が思うに、やはり英語力はあるにこしたことはないです。

それは周りの人の為にもなるし、何よりも自分の為になります。

 

周りの人からしたら、新しく来たボランティアの人が英語を理解してくれるにこしたことはなく、

  • 頼み事や仕事上の話
  • 決まり事
  • 新しくできたルール
  • 注意してほしいこと

などをスムーズに伝えることができるので、お互いにとって負担が少ないというメリットがあります。

そしてそれと同時に、新しい土地にやってきて誰も知り合いもいない中で、少なくとも少しでも英語を聞き取ることができれば、自分自身、疎外感を感じることや孤独を感じる割合が減ると思うのです。

 

ボランティアとはいえひとつの仕事であることには変わりありません。

英語で何か指示をされてもそれを理解できずに右往左往したり、言われたことに自信が持てずにうまく行動できなかったり。

自分としても英語ができないことを理由に、あれはできません、これはできませんと言うことが辛かったりします。

そういう状況に少しでも自分の身を置かないように、より一層ボランティア生活、イギリス生活を楽しみながら充実させるには、やはり相手が言っていることがある程度は理解できる程度の英語力があった方がいいわけです。

 

そうは言われても、

これから英語を勉強する為に、少しでも生の英語に触れる為に、ボランティア留学を考えている…

という方ももちろんいらっしゃることかと思いますし、その気持ちは素晴らしいものであることには違いないです。

ですが、本当に英語はこれからなんです…全く全然できないんです…

という方でボランティア留学に参加したいという方いらっしゃいましたら、是非心がけて欲しいことがあります。

 

英語が分からないから、ということを理由にボランティア活動から逃げない。

自分で決めて自分で選んでボランティア活動に参加しているわけです。

英語が分からないといっても、現地の特に同僚や上の方々、周りの人は出来ない英語でもほめてくれますし、なるべく快適にボランティアの人達にイギリス生活を送ってもらおうと努力してくれます。

いえ、してくれるはずです。爆

結局私たちは日本人であってネイティブではないわけで、英語できないのは当たり前。

英語が堪能な人しかボランティアとして受け入れません!

…と受け入れ先が言っているわけでもなく、英語ができないとしても歓迎して受け入れてくれているわけです。

なので、英語ができないからといって悲観的になったりする必要はなく。

これは本当に性格にもよるとは思うのですが、なるべくポジティブに、楽しむこと!

これが一番です。

積極的に入居者さんと交流し、スタッフとも交流し、イギリス生活を楽しめるよう明るく前向きな気持ちを忘れずに、自分の持つコミュニケーション能力をフルに発揮することを心がけましょう。

たまには嫌なことなんかももちろんあるかもしれませんが、それを、英語ができないからというせいにしてしまわないように。

英語ができないことを気にしていては何もできませんし、

それでもイギリスへやってきたのはなぜ?

と現地の人からは思われて当然ですし、何よりも自分で決意してお金や時間をたくさん注いで実現させたであろうボランティア留学なので!

何はともあれ、渡英前に英語をなるべく習得し、自分の英語力に不安がある方はとにかく少しでも英語の勉強をして不安要素は少しでも減らしておきましょう。

まとめ

少し厳しいことを言う様ですが、人に何とかしてもらえると思っているようではイギリスでのボランティア生活はうまくいかないと思います。

特にやはり英語については本当に必須と思っていた方が良いかと。

というか、必須です。爆

なんにも英語がわからなくても、もちろんそこにいることはできます。

ただ、英語がわからないことを理由に全てのことから逃げている人がいたり、英語が分からないからと言って英語が分かる人に頼り切っている人もいたりしました。

自分はいいかもしれませんが、相手もそれなりの覚悟や思いを持ってわざわざイギリスまでやってきているわけなので、いつまでも人のことを助けているわけにもいきません。

そもそも、日本人同士助け合う為ではなく、イギリスの助けを必要としている人の為にボランティアをしにイギリスまで来ているわけですから。

少なくとも自分のことは自分で解決できる、やれる、それだけの英語力をつけてからボランティア活動をしにイギリスへ行くように心がけた方がいいかと思います。

 

また、イギリスについて何も知らないという状態で渡英するのも厳禁です。

お金は何を使っているのか、どんな交通手段があるのか、電話の使い方、電車の乗り方、バスの乗り方など、ある程度のことはインターネットで調べれば何でも出てきます。

何でもかんでも人に頼り、誰かが助けてくれると思うのは大間違い。

自分でやれることは自分で準備しておきましょう。

その方が絶対に自分の為にもなります!

 

どうしても英語力に自信がなく不安だという方は、飛び込みでボランティアからスタートするのではなく、語学留学などを先にしてみるというのもいいかと思います。(私のように。)

とにもかくにも、英語はボランティアする上でかなり気になる部分の一つだと思いますが、この記事が何かの役に立てれば幸いです。

>>関連記事:私が語学留学先にイギリスをオススメする4つの理由

ランキング参加中

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ シニア海外ボランティアへ

\ SHARE /

-イギリスボランティア留学
-, , , , ,

Copyright© Lovely Sunny 31歳からのヨーロッパ生活 , 2019 All Rights Reserved.