フリーランス

資格なし&未経験からフリーランスのオンライン日本語教師になる【実体験】

2022年2月16日


ネルソンダック
  • オンライン日本語教師に興味がある
  • 資格なしの自分がオンライン日本語教師になれるのか知りたい
  • 未経験でもオンライン日本語教師になれるのか不安

そんなあなたの不安や疑問にお答えします。


私、実は2022年1月をもって、オンライン日本語教師になって3年目に突入しました。

特にこれといった資格を持っているわけでもなく、未経験からのスタートだったので、あまりこれまでは声を大にして公にはしていませんでした。

そんな中、昨年までは半分趣味のような感じでやってきたのですが、今年からは本腰を入れることを決意!

ここに思い切って公にさせていただこうと思い、この記事を書いています。


というわけで、今日はいったいぜんたい私がどのようにオンライン日本語教師として働いているのかについて触れてみたいと思います。


オンライン日本語教師に興味のある方はぜひご覧ください。

資格なし&未経験からオンライン日本語教師になったきっかけ

オンライン日本語教師という職業については、実は2018年頃から頭の片隅で考えていました。

きっかけはアメリカ人の知人のひとこと。

イギリスでのボランティアを終えて帰ってきてすぐのころ、アメリカ人の知人と地元で会う機会があったのですが、その時に彼がとあるオンラインプラットホームで日本語の勉強をしているという話を聞いたんですね。

日本語教師かぁ…聞いたことはあるけど、あまり意識したことはない職業だなぁ。

ひさと

それが話を聞いた時の第一印象でした。

その時にその知人に私もやってみたら?と勧められたのですが、その時は「うーん、まぁね、そうね、、、」と、なんとなく興味はあるけれどあまり真剣に考えてはいませんでした。


それから2年経ったある日、転機が訪れます。


自分でお金を稼ぎたいという気持ち

2019年夏前にオランダに移住して8か月ほど経った、2020年1月のことでした。

オランダでの生活にまったくなじむことができず、外出することすら億劫で、オランダ語の語学学校にもまだ通っていない状態でした。

約8か月間、ずっと家にこもって細々とした在宅ワークに手を出してみたりもしたのですが、実質特に何もせず家で相方氏の帰りを待つという日々が続いていました。

相方氏が稼いでくるお金だけで特に問題なく生活はできてはいるものの、自分の稼ぎがないということがこんなにも自分を苦しい気持ちにさせるだなんて、それまでは考えたこともありませんでした。

何か欲しいものがある時は相方氏に言えばお金を出して買ってくれるのですが、やっぱりちょっと反応が気になるんですよね。

私にとっては必需品で、少しお値段が張るものでもどうしても必要だと思うものが相方氏にとっては「え、こんなものがこの値段なの…?高いんじゃない…?」というような反応をされたりすると、あっという間に気持ちがなえてしまい、相方氏の承諾を得ないと買い物すらできないのか、というネガティブな気持ちが芽生えはじめていました。

それが本当にストレスで、何か自分にできることはないか、と考えていた時に頭に浮かんだのが、このオンライン日本語教師でした。


未経験からオンライン日本語教師になるための挑戦

子どものころから本を読むのが大好きで、学校でも国語の時間が一番好きでした。

短大でも国文学を専攻し、基本的に理数系ではなく文系なので、感想文や小論文を書いたりすることも得意な方でした。

日本語教師というのは国語の先生とは全くの別物で、外国人に日本語を教えるということになるわけですが、それでも国語が得意だったことが生かせるのでは、と思ったのは事実です。

私の周りに日本語教師という職業に就いている友人や知人などは残念ながらいないのですが、自分がイギリスで英語の語学学校に通った時の先生を思い浮かべてみると、意外とイメージは湧きやすかったです。

日本語教師としてのスキルは全くありませんでしたが、色々調べてみたところ、未経験でもとにかくやってみるべし!という結論にたどり着きました。

そして、緊張しつつもアメリカ人の知人が教えてくれたプラットホームに日本語教師として申請し、無事審査に合格し、登録することができました。


プロの日本語教師(資格を取得していない)ので、会話の練習相手をメインとした枠のアマチュア講師という形ではありましたが、まったく何も日本語教師としてのスキルがない中、習うより慣れろ精神で挑戦。

はじめは会話の練習相手として、そして途中からは教科書を使って日本語初級の方を相手にした授業にも挑戦してみました。

そしてなんと最終的に2年経って3年目に突入した今もまだ続けているという…。

そう、オンライン日本語教師という仕事、やってみたらかなり私に合っていたのです…!


ちなみにレッスン料金は自分で好きに決めることができます

私は未経験でのスタートだったので、はじめは相当安い値段に設定していました。

今では当時の3倍の値段に設定しています。

もともとが相当低い値段だったのでね…

ひさと


未経験からオンライン日本語教師になる:はじめは会話の練習相手として

なんせ未経験だったもので、はじめのころは日本語レベルが中級以上の方に向けて、日本語での会話の練習相手になるというスタイルのレッスンをおこなっていました。

既にある程度日本語を話せる学習者さんが予約をしてくれ、だいたい皆さん雑談を好まれる方が多かったので、レッスンというよりは「日本語でひたすら楽しく会話する」という感じです。

私は人と話すことが大好きで、ありがたいことにトピックが次から次へとわいてくるスキルは持ち合わせているため、話すことがなくなってしまって気まずくなる…

なんていうこともほとんどありませんでした。

もちろん時には波長の合わない方もいて、結果的にあまり盛り上がらず時間が過ぎてしまうことも…。

合わない、楽しくない、と思えば学習者さんは次のレッスンは予約してくれません。

ですが、ここがフリーランスのオンライン日本語教師として融通がききやすい点が発揮されるのですが、それはそれとして割り切って、去る者は追わず精神であまり気にしないようにしています。

それは学習者さんの方も同じで、良い日本語教師は五万といますので、自分に合う先生を見つけるまで色んな先生とのレッスンをこなしていくという方もいるようです。


こうして中級以上の学習者さんたちとのレッスンを1年半ほどこなしたところで、次のステップに進むことにしました。


未経験からオンライン日本語教師になる:教科書を使っての文法レッスン

次のステップは、初級の学習者さん向けの文法レッスンです。

このレッスンに関しては私も文法の知識が必須となりますし、未経験のオンライン日本語教師としてはかなり本当に手探り状態で取り掛かることに。

何にしろ私には自分のオリジナルの文法レッスンができるほどの知識もスキルもなかった為、このレッスンには教科書を使用することにしました。

そして色々な情報を参考に考えぬいた結果、日本語学習の王道中の王道と言われている「みんなの日本語」という教科書と、オンラインで無料で見てダウンロードして使うこともできる「いろどり」というオンライン学習教材にお世話になることに決めました。


「みんなの日本語」は学習者さんにも同じ教科書を購入してもらい、パワーポイントにまとめた教材をスクリーンで共有しながらレッスンを行っています。

教え方の手引きもあるので、そちらも購入。

created by Rinker
¥2,750 (2022/03/30 03:10:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,080 (2022/03/30 03:56:10時点 Amazon調べ-詳細)

「いろどり」はオンラインで無料でダウンロードができるので、こちらもダウンロードしたものをパワーポイントにまとめてスクリーンで共有しながらレッスンを行っています。


初級の方向けのレッスンでは、直接法(日本語で日本語を教えること)は未経験の私にはかなり難易度が高かったので、間接法(私の場合は英語で日本語を教える)で教えています。

中級以上の方たちとの会話のレッスンは雑談が多いので緊張も何もなくひたすら楽しいという感じなのですが(それで収入を得られるので本当に最高ですよね)、初級の方向けのレッスンは、特に最初はやっぱりかなり緊張しました。

しっかり教えなくては…という責任を感じます。(いや、会話のレッスンももちろんそうなんですが。)

初級の方向けに、教科書を使ったレッスンをはじめて半年以上が経ちましたが、今でも緊張感は続いています。

そして何より、パワーポイントでの教材作成に時間がかかる…!

これ、結構キツイところです。

「いろどり」の方はありがたいことに教材自体を無料でダウンロードして使うことができるので、その恩恵を多いに活用させていただき、あまりレッスンの準備に手間がかからず、本当に助かっています。


資格なし&未経験から資格ありのオンライン日本語教師になるには

そんな感じで、資格なし未経験でオンライン日本語教師としてなんとかやっていますが、本当は日本語能力検定試験を受けて資格を得たいなぁという気持ちもあります。

短大卒の私は、日本語能力検定試験に合格して資格を得れば、4年制大卒業の有無を問うことなくプロの日本語教師として名乗れるようになります。

試験は日本で開催され、一時帰国のタイミングなどなかなか難しいですが、オンライン日本語教師として勉強していて損はないですし、もしかしたらいつか受験するかもしれないしで、今のところは独学してみようと思っています。

ただ、この試験は相当難しくて合格率が低い難関。

受験するとしたら相当な勉強量が必要に…。


というわけで、試験合格に向けての講座を受けてみるのも一つの手。

受けれるものなら私も受けたいと思っています。

私が色々調べた中では、日本語能力検定試験のアルクの通信講座がおすすめです。

>>NAFL日本語教師養成プログラム公式WEBサイト


知識だけでなく、より実践的な練習を含めた講座に興味のある方&4年制大卒の方は、コースを修了すればプロの日本語教師としての資格を得ることができる420時間の日本語教師養成講座を受講するという選択肢もあります。

おすすめはヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座です。

>>ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座公式WEBサイト

色々調べたところ、残念ながらどちらも海外在住だと受講が難しい(というか物理的にできない?)ようなので、私はいつか日本に移住する日が来た時には受講を検討したいと思っています。

ひさと

資格なし&未経験から始めたオンライン日本語教師という仕事を楽しむ

日本の地元の一般企業で約12年間働いていた時は、仕事が楽しくなくやりがいも感じられず、ストレス満載の中ひたすら毎月のお給料の為だけに働いていたような感覚がありました。

今は当時ほどの稼ぎはないし、始めた当初は本当にお小遣い程度の稼ぎしかありませんでしたが、それでもやりがいを感じられ、日本語を教えるということ自体を楽しむことができている自分がいます。

まさか自分がオンライン日本語教師になるなんてまったく想像もしていなかったし、人に何かを教えるなんて、日本語に限らず自分にはとても無理、自信もない…

…と思っていたのですが、結果的になんとかできているんですよね。

4年制大を卒業し、日本語能力検定試験に合格し、420時間の日本語教師養成講座を修了されたプロの先生方からすると、かなり手探り状態で今までやってきたアマチュア日本語教師である私ではありますが、それでもありがたいことに少なくとも学習者の方たちから需要があって、ある程度の稼ぎを得ることができる程度には満足してもらえているというのは、かなり自分の自信につながっています。

思わぬ機会から自分に合ったお仕事にめぐり合うことができて本当に嬉しいです。


とはいえ、まだまだ稼ぎは少なく、もう少し収入を増やしたいという気持ちがあるので、オンライン日本語教師をしつつ、他のことにも挑戦していきたいと思っています。

もしかしたらまた何か自分に合ったお仕事にめぐり合えるかもしれないと思うとワクワクしちゃいますね。

人生初のフリーランスとして働いている今、せっかくなので楽しみます!

ランキング参加中

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ シニア海外ボランティアへ

\ SHARE /

-フリーランス