イギリス語学留学 イギリスボランティア留学 サイト運営

アラサーのあなたに!仕事を辞めて海外に行くという選択肢の話。

投稿日:2018年3月1日 更新日:

こんにちは!

管理人のひさとです。

約2年ほど前に急に思い立ってこのサイトを作り始め、今はオランダ移住生活のあれこれをメインにイギリス語学留学とボランティア留学情報についても合わせて情報発信しています。

元々はイギリス語学留学とボランティア留学を検討している方の参考に少しでもなればと思い、それに関する情報を発信しようと作ったのが始まりでした。

2015年に約12年間勤めていた会社を辞めてイギリスへ語学留学した私ですが、今回はどうしてこのブログを作ったのか、このブログを作ろうと思った時の私の情熱はどんなものだったのか。

その理由についてちょっと語りつつ、三十路やアラサーという人生のターニングポイントに立って当時の私のように悩んでいる方がいたとしたら、海外に行くという選択肢もあるということについても語ってみようと思います。

仕事を辞めて2年間のイギリス生活

途中一時的に帰国したりもしましたが、最初の語学留学から合わせると丸2年イギリスで生活していたことになります。

簡単にいうとその間完全に無職状態である私。ちーん。(現在もですが笑)
ひさと
ネルソンダック
語学留学中の学生ビザも現在のボランティアビザも、イギリスでの就業は許可されていないんだよね。

というわけで、やむを得ず湯水のようにお金を使うしかなく…

もちろん節約したりもしましたが、出費は言うまでもなくかさむ一方でした。

 

それでも約12年間普通に日本で真面目に働いた人間ですので、自分の貯金だけで2年間は無職でも生きていけました。

しかも、物価の高いイギリスで。

後付けではありますが、無収入でも貯金さえあれば外国で2年間生きていけるものなんだと自分自身で身をもって体験したのでした。

 

語学留学とボランティア留学

英語は一切理解不能で渡英したわけですが、英語を勉強するためにイギリスへ行ったわけなのでね。

英語は語学学校で確実に勉強しましたし、宿題なども出てそれをこなしたりといった久々の学生生活を送りました。

毎日休むことなく語学学校にはきちんと通いましたが、日本にいて働いている時と比べて本当に自由な時間に溢れていました。

一日ってこんなに長かったっけ?という感じ。

ホームシックやカルチャーショックで初めの3ヶ月程を究極に病んでいたこともあり、とにかく英語に揉まれ、環境に揉まれ…

初めの方は相当精神的に大変な思いもしましたが、後半はひたすら楽しいばかりのイギリス語学留学生活でした。

関連記事:ホームシックに英語の壁…ひたすら辛かった初めてのイギリス生活を乗り切った方法

 

語学留学の次にトライしたイギリスでのボランティア生活では、本当にゆるいタイムテーブルだった為時間が有り余っていました。笑

11ヶ月の語学留学を経てボランティア留学をしたこともあって既にイギリス生活にも慣れていたので気持ち的にも余裕があり、自由な時間をたくさん満喫しました。

関連記事:イギリスボランティア留学・1日のタイムテーブル

 

そんな中ボランティア留学を終えてもうすぐ日本に帰国という時にイギリスでの2年間について自分なりに整理してみようと思ったのがこのサイトを作った理由のひとつです。

 

自分が欲しかった情報が当時なかった

2015年にイギリス語学留学をする際にはインターネットを駆使して色んな情報を調べて調べて調べあげました。

ですが、これ!というガッツリピンポイントの情報というのはなかなか見つけることが出来ませんでした。

とにかく当時は情報が少なかったです。

色んなところからの情報を寄せ集めて、なんとかかんとか準備を進めたという感じでした。

特にボランティア留学にあたってはほとんどと言っていいほど情報を見つけることができませんでした。

そういうことがあったので、実際に自分が当時欲しいな…知りたいな…と思っていた情報を自ら発信することにしました。

 

また最初の語学留学は私にとって初めての英語圏、初めてのヨーロッパ、初めてのイギリス、そして初めての一人海外という結構緊張する一大イベントでしたので、渡英前は本当に本当にこれから起こること全てが不安でたまりませんでした。

社員旅行で中国と韓国には行ったことがあったのですが、社員旅行と完全一人でその国に長期滞在するのとではやっぱり全然違います。
ひさと

それだけ緊張していた私だったので、インターネットで見つけた「だいたい旅にこなれている方向け」「既に英語をペラペラに喋れる方向け」「ある程度もう知識も情報も体験もしたことのある方向け」の情報は私の緊張をほぐしてはくれませんでした(^^;)

 

正真正銘海外・イギリス初心者です!な人向けの事細かな情報を当時どれだけ私が欲していたことか…!

ということで、私と似たような状況の方向けにその人の不安を少しでも拭ってあげることのできるような情報ブログを作ってみようと思い立ったのでした。

アラサーだからこそできる海外体験をしてみて欲しい

時間とお金

以前会社に勤めてOLをしていた時には、海外旅行に行く人達を見ては「どうやってそんなに長い休みを取るんだろう?」「どうしたらそんな高い海外旅行なんて行けるんだろう?」と単純に疑問に思っていました。

そんな海外旅行する時間もお金もない、と思っていたものでね…。

 

ですが、結局その後まともな収入もない状態で2年間イギリスで生活できたんですよね。

かなり伸び伸びとリラックスして変なストレスもなく、自由に2年間生活を送りました。

これは10年以上会社に勤めてお金をきっちり貯めた31歳という歳だったからこそできたことだと思っています。

ネルソンダック
先立つものは何を言ったところで「お金」だからね!

 

ワーキングホリデーのビザであればイギリスで働きながら収入を得つつ2年間滞在することができるのですが、このビザの申請は30歳までという年齢制限があります。

なおかつ、申請すれば誰でも必ず取得できるわけではなくて抽選式になっているので、その人気ビザが取れるかどうかは運次第といってもいいほど。

 

私はイギリス行きを思いついた時既に30歳で、もうすぐ31歳になりそうな頃でした。

その為ワーキングホリデービザの申請にはギリギリ間に合わず、申し込むことすらできませんでした。

 

ですが、今思えば結局英語がまったくできない状態でワーキングホリデーとしてイギリスへやってきたところで、英語を使って仕事をすることは不可能だったなと思っています。

大金をはたいて渡英するのに、英語が話せないからという理由で日本語環境の仕事場を探して働くなんていうことはしたくありませんでした。

 

私は何よりも英語力ゼロであるところから脱したかった。

そしてイギリスで生活する為にはそれを脱する必要がありました。

その為にはまずは英語を習得することに特化する必要がありました。

 

たくさんの費用が必要にはなりましたが、まず初めに語学留学をしたことは本当に大正解だったと思っています。

長年働いて貯めたお金をひたすら貯金していましたが、もし今自分が死んだら絶対後悔するだろうなと思いました。

色んなストレスを抱えながら働くだけ働いて貯めたお金を残して死ぬことは出来ぬ!という感じ。笑

 

海外に長期滞在というのは勇気もお金も時間もいることなので、そう簡単にできることではないかもしれません。

ですが、1週間などの短期であれば旅行と言う形で簡単に実現することができます。

1週間程度であれば実はそんなに思っているほど費用もかかりません。

 

飛行機だって、安さにこだわり乗り継ぎ1回程度の妥協をすれば東京から往復8万円程でイギリスへの航空チケットが取れます。

関連記事:ホテル探しに超便利な宿泊先予約サイト【Booking.com】実際に予約したオススメホテルも紹介します

関連記事:格安航空券を簡単に探してそのまま予約!便利な航空券検索・予約サイト【スカイスキャナー】

 

自分が知らなかった世界を知る

以前の私はこういう広い世界があるということを知りませんでしたし、行けるのに行けない、やれるのにやれない人生を歩むのはもったいないとつくづく思うようになりました。

イギリスに行ったことによって人との繋がりもどんどん広がりましたし、イギリスだけにとどまらずキプロスやベラルーシのようなあまり聞きなれない国(!?)にも知り合いができて世界が広がりました。

 

日本で働いているあなたもたまには1週間くらいの休みをとって、息抜きにイギリスやヨーロッパへ出かけてみませんか?(*´ω`*)

短い旅でも色んな発見が出来ると思います。

知らなかった言葉、食べ物、景色を見てきっと感動することが出来ると思います。

テレビや雑誌で見る風景と実際の現物はやはり見た時の感動が違います。

 

私が一番印象に残っている風景は、イタリアのカプリ島で見た本っっっ当に美しい景色。

カプリ島の景色

カプリ島の頂上から見た景色

リフトで時間をかけて到達したカプリ島の山の頂上から見たこの生の景色は、まさに絶景!!!でした。

しかもなんと人生で初めて景色を見て感動して涙出るという現象が…!

自分でもびっくり!( ゚Д゚)

こんなすんばらしい景色を見ないまま死んでいくのはもったいない…!と思いました。

本当に本当に感動しました。

両親にも見せてあげたい、と思いました。

 

イギリスに住んでいたからこそ気軽に訪れることが出来たイタリアで見たこの景色。

カプリ島は私の中でもう一度行きたい場所NO.1です。
ひさと

語学学校で仲良くなったイタリア人の友達がカプリ島に渡る船を運営していたのでイタリア旅行のリストに入れたカプリ島でしたが、安くで船に乗せてくれ、更にその夜は友人宅に招いてくれ、イタリアの家庭料理もご馳走してくれました!

 

現地に友達を作ってそこを訪れて実際に現地の人に案内してもらう観光は、見ず知らずの土地を自分で開拓していく観光とはまた違った楽しみ方があり、ローカルな食べ物や情報や場所を知ることができて本当に充実した楽しい旅になります。

ハンガリーに行った時もドイツに行った時も、現地に住む友人たちが案内してくれて、ローカルなスポットをまわって満喫することができました。

 

そういった楽しみ方が日本にいる時よりもたくさんできるようになったのも、イギリスに行ったからこそ得られたチャンスだったと思っています。

そういった楽しい経験をする、知らなかった世界を知る、良くも悪くもたくさんの刺激を得る。

日本で感じていた職場や環境によるストレスが一切ない生活を日本とは違う国で2年間続けた結果、何のしがらみもない本当の自分になることができた…そんな感覚がしています。

イギリス語学留学とボランティア留学を経験して英語を学ぶということをしていなければ、最終的にオランダ人の相方君と結婚するということにもなっていなかったかもしれません!
ひさと
合わせて読みたい!
国際結婚すると苗字はどうなる?気になるお名前事情を実体験と共に紹介

こんにちは! 管理人のひさとです。 ついにあと2週間後に結婚式が迫ってきました…! 1週間後には日本 ...

続きを見る

まとめ:行こうと思えば行ける

私自身海外、特にヨーロッパへ行くということは相当ハードルが高いことだと思っていました。

ひたすら毎日仕事をして家と職場との往復で、海外に行く時間なんてとてもない。

海外に行きたいと思っても休みが取れない。

行きたいけど行けない。

なんだかがんじがらめになってしまっていました。

 

でも、行こうと思えば行けるもんです。

そして実際行ってみたら、想像以上の景色が広がっていました。

  • どれだけ自分が自分の思いを行動に移せるか。
  • 有言実行。

全てはこの2つにかかっています。

学生時代に留学されている方もたくさんいると思いますが、親にお金を出して貰って行く留学や語学留学とは全然意味合いも重みも違うと私としては思っています。

 

自分で貯めたお金で自由にやりたいように好きなことをやれるのがアラサーの強みであり、自分の大切なお金をはたくからこそ、そしてある程度社会の中で色んな経験を積んできたからこそ、より一層真剣に自分の人生を考えながら行動が出来る、本当に価値のある体験になると思っています。

 

行ってみたいけど行く勇気が…!涙

…と思っている方の海外に対するハードルが少しでも下がりますように。

英語の喋れない(初めて受けたTOEICのスコアは405点)本当に普通の田舎生まれ育ちの独身の海外とは全く関わることのない仕事をしていたごくごく普通の一般OLであった超ノーマル人間でも、海外で自由に伸び伸び生活することができる!

…という可能性があるということを知ってもらえますように(*^^*)

>>イギリス語学留学についての記事一覧はこちらから

>>イギリスボランティア留学についての記事一覧はこちらから

ランキング参加中

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ シニア海外ボランティアへ

\ SHARE /

-イギリス語学留学, イギリスボランティア留学, サイト運営
-, ,

Copyright© Lovely Sunny31歳からのヨーロッパ生活 , 2019 All Rights Reserved.