イギリスボランティア留学

イギリス・ボランティア留学の申し込み方法と手続きの流れ

投稿日:2018年4月9日 更新日:

2017年の3月から2018年の3月まで1年間のボランティア生活をイギリスで送った私ですが、このイギリスのボランティア留学の申し込み方法には2通りあります。

>>関連記事:イギリスボランティア留学での日常生活

一つはエージェントを通して申し込む方法。

もう一つは自分でボランティア先を探して直接そこに申し込みをするという方法です。

私はエージェントを通してボランティア先を紹介してもらい参加しましたので、今回はその流れについて紹介します。

エージェントの見つけ方

1年間のイギリスでの語学留学を終えて帰国した私は、またすぐにイギリスにボランティアという形で戻ることに決めたので、自分でボランティア先を探すのは時間がかかると思い、手っ取り早くエージェントを通してボランティア先を見つけることにしました。

このエージェントはインターネットで検索するといくつかイギリスボランティアを扱っている専門のエージェントがヒットすると思いますので、是非探してみて下さいね。

目ぼしいところを見つけたら、あとはホームページに記載されている申込金や必要な費用についてチェックしてみましょう。

エージェントによっては英語力に条件がついているものがあったりすると思いますので、金額やそういった条件を含めて自分に合ったところを探してみましょう。

私もイギリスボランティア留学の斡旋を長年されているエージェントを見つけてそこに申し込みをしました。
ひさと

申し込み方法

エージェントを決めたらまずはとにかく、メールもしくは電話で早速問合せてみましょう。

私は初めメールで問い合わせ、しばらくそれでエージェントとやり取りをしていたのですが、なかなか話も進まず、早くことを進めたかったので、電話してみました。

電話で色々話を聞き、申し込みから実際の渡英までの間でスカイプ面談を行ったり、必要書類をそろえたり、イギリスの施設側との調整もあったりなどで、半年ほどかかるという説明を受けました。

これからボランティア留学を考えているという方は、エージェントにもよるかもしれませんが、半年ほどは時間がかかるかもしれないということを念の為覚えておいて、早めに申し込みをされることをオススメします(^^)

スカイプ面談はどんな感じ?

最初に問い合わせをしてから約1ヶ月半ほど経ったころ、エージェントの担当のイギリス人の方とスカイプで面談としました。

内容は自分の経歴を聞かれたり、ちょっとした世間話をしただけで、そんなにきちんとした面接!という感じではなく、どんな雰囲気の人間か、ボランティアとしてイギリスで1年間やっていけそうな人か、そして英語力などを見られた感じだったのではないかと思います。

ほんの20分ほどで私の場合は終わりました。

施設紹介の流れ

私の利用したエージェントの施設紹介の流れは以下のような感じでした。

  • その時募集がかかっている施設をランダムに一つずつ紹介されるシステム。
  • 一つ紹介されるごとに、その施設の場所や雰囲気、条件など、そこについての情報を色々教えてもらうことができる。
  • そこで良いということであればそこに決めることができ、やっぱり他にする、ということであれば次の施設をまた紹介してもらう。

一応自分の行きたい条件の施設を選ぶことができるわけですが、自ら「ここがいい!」「ロンドンの近くがいい!」「こんな施設がいい!」などといったリクエストは出来ず、二つの施設の情報をもらって比べたり、一度断った施設の方がやっぱりいいといってその施設を選ぶ、といったようなことはできませんでした。

私は1件目に紹介してもらったところにあっさり決めてしまいました。そして楽しく充実した1年間を過ごすことが出来ました。
ひさと

申し込みに必要な書類や検査

イギリスボランティア留学する為に、血液検査が必要ということで、病院に行く必要がありました。

エージェントから血液検査の結果を医者に書いてもらう為の専用の用紙が送られてきましたので、それを持って病院へ。

ネルソンダック
病院へ行く前には、血液検査の値段を先に確認する為に電話してみるといいよ~。ちなみに英語で検査結果を書いて貰わないといけないので、そこも対応して貰えるか聞いてみよう!

私がエージェントから貰った用紙には、血液検査、胸のレントゲンと、尿検査の項目も用意してあったので、結局3項目分の検査を受け、普通に健康診断を受けたようなことになりました。笑

支払いは血液検査の結果が出次第、その結果の用紙を返却してもらえるということで、その時に支払うことになりました。

検査を受けてから1週間ほどしたころ、病院から連絡があり、検査結果の用紙の準備が整ったとのことでしたので、病院へ向かいました。

結局今回の検査にかかった費用は5,000円

とってもリーズナブルで嬉しかったです(*´ω`*)

余談:血液検査で和気あいあい。笑

ちなみに私が行った病院は、会社で働いていた時の嘱託医の先生の病院でした。

数年の間そこで毎年健康診断をしてもらっていたので、先生も看護師さんもこちらとしては顔見知り。

とは言え、もちろん向こうはそりゃ覚えていないわけですが。笑

ですが、元会社名を伝えてみたところ、

先生「へぇ~!〇〇会社さんの…!」

…以上。笑

看護師さんは、

「え!〇〇会社さん、辞められたんですか!えー!いい会社なのにもったいない気もするけどー!あー!そういえばなんだかHISATOさんのお名前、憶えがあるー!」

という感じで、私の本名が若干珍しい名前といいますか、まずまず文字的に印象に残る感じの名前の綴りなもので、お蔭様で覚えていてくれたようでした。笑

そこから、なんでまた血液検査が必要なのか、や、イギリスボランティア留学についての話になり、看護師さん達は興味津々!笑

血液を採取されながら、イギリス話に花を咲かす看護師さん2名(採決の係の方と、その横に立ってただ私の話を聞きたいだけの看護師さんの計2名。笑)と私の不思議な図が繰り広げられました…笑

結局最終的に、私の退職からイギリス語学留学でイギリスに滞在していた間の話をかいつまんで起承転結で話すことになり、血液検査で訪れた病院でまさかの楽しい時間を過ごすことができました。爆

施設・渡英日決定からの流れ

この施設に決めます!

…とエージェントに伝えてから約1カ月後

ようやくエージェントを通して施設からの受け入れ確定の知らせをもらいました。

私が決めた施設は3名の日本人ボランティアの募集がかかっていたのですが、私以外の2名がようやく決まったということで、やっとことが動きだしたとのことでした。

また、施設からの受け入れ決定の知らせと同時に決まったのが渡英日。

3月9日に渡英し1週間のホームステイをしたのち、3月16日に施設へ移動するということでした。

1週間のホームステイは、初めて渡英される方向けに、イギリス生活に少しでも慣れることができるようにということで設定されていたようでしたが、私としてはこの1週間のホームステイははしょりたい気持ちがありました。

ほんのこの間まで語学留学で滞在していたので、必要ないと思ったのです。

ですが、このホームステイ費用、自動的に初期費用に含まれているということと、ホームステイをしなかったとしても初期費用からその分の金額を返金してもらうことはできないということだった為、やむなくホームステイをすることにしました。

その他必要書類

その後施設からの正式な決定通知の書類が届いたとのことで、そこからまた新たに必要書類取得の手続きを進めることに。

無犯罪証明書

エージェントから送られてくる、無犯罪証明書の発行依頼書類をもって地元警察署へ。

人生で初めて県警警察本部の鑑識課へ…!

必要なもの

パスポート

施設からの書類(のコピー)

免許証または住民票

手続の流れ

  1. パスポートと免許証を見せる。
  2. エージェントから貰っていた施設からの無犯罪証明書発行依頼の用紙と、エージェントからの発行依頼の用紙とを合わせて提出。(コピーを取られてこれは手元にその後戻って来ました。)
  3. 必要な申請書類に名前や住所、渡航目的などを記入。
  4. 最後に全部の手の指の指紋を取られて、終了。

手続後、10日程で警察本部から書類出来上がりの連絡が入り、それを直接また取りに行くという流れになります。

この警察署での手続自体は15分程であっという間に終わりました。
ひさと

推薦状

ボランティア先の施設に提出する為に推薦状が2通必要ということで、エージェントから必要書類が送られてきました。

推薦状は、元勤務先の上司や同僚、習い事をしていた時の先生など、友人や家族、親戚以外の人たちから、この人はちゃんとした人ですよ~という証明をしてもらう為の書類だそうです。

記入用の用紙はエージェントが用意してくれるので、あとはそれに書かれている項目に沿って対象となる方々にお願いし、英語で簡単に名前等を記入してもらう必要がありました。

肝心なビザの申請は…?

語学留学をした際の学生ビザの申請は自分自身で全てを行ったのですが、ボランティア留学ではなんとエージェントが私本人に代わって代理で全てのオンラインでの手続きをしてくれました。

自分で行ったことは、直接大阪(もしくは東京)のUKビザセンターへ行き書類を提出することのみ。

その他のオンラインでの必要手続は全てエージェントが代理で行ってくれました。

NHS(イギリスに支払う国の保険のようなもの)の費用や、ビザ申請費用もエージェントが立て替えて支払いをし、最後に初期費用などと合わせて全部請求が来たものを私本人がエージェントに支払うという仕組みになっていました。

ビザ申請というのは個人情報をかなり必要としますし、本人がした方が良いと思うのですが、そこまで含めてのイギリスボランティア留学の代理店ということで、その辺の分の手数料を申請者である私達から得ることによってエージェントは成り立っているのではないかと思います。

最終的に申請にかかった費用

最終的にエージェントに支払った費用をざっくりと言うと以下の通り。

申込金約90,000円
参加費用約440,000円(1週間のホームステイ含む)
ビザ申請料金約43,000円(エージェント立替分)
NHS料金約30,000円(エージェント立替分)
航空券約130,000円(エージェント立替分)
合計約733,000円

航空券は本当は自分で取りたかったのですが、募集のあったボランティア3人まとめて渡英してほしいということで個人でチケットを取ることをさせてもらえず、3人まとめてエージェントが航空券を取り、その分を支払った形になりました。

ネルソンダック
自分で取っていれば東京からの直行便で行きたいところだったんだけど、この時は乗り継ぎが1度必要な便だったんだよね。
そうそう。自分だったらもっと安くか同じくらいの値段で直行便で取れたかも…^^;
ひさと

まとめ

全体的な流れ

  • 10月半ばにエージェントに申し込み。
  • 11月半ば過ぎにスカイプ面談。
  • 11月後半、自分としての施設決定。
  • 12月半ば過ぎ、ようやく本格的に施設決定、渡英日決定。
  • 1月に無犯罪証明書発行手続き、推薦状の準備。
  • 2月に大阪のビザセンターへ。
  • 3月、渡英。

この他に、海外保険の加入なども必要になる為、その分の費用がまた別でかかったので、トータルしてかかった金額はもっと大きいものになります。

ですが、とりあえずエージェントを通すとこれくらいの金額がかかるよ~という目安で今回は紹介してみました。

結構大きな金額に感じますが、ボランティア留学では資金証明などもしなくていい為(2018年現在)、本当に必要最低限の金額でイギリスに滞在できるチャリティービザを取得することができ、年齢制限もないので、本当にありがたいです。

語学留学の時には色々支払った金額の他に資金証明の為に別で150万円程口座に用意しておく必要がありましたのでねぇ…
ひさと

>>関連記事:イギリス語学留学にかかる初期費用

ですが、チャリティービザは取得のハードルが他の物に比べてちょっと低い分、イギリスの審査や条件もどんどん厳しくなってきているようですし、何と言ってもEU離脱が控えている為、本当に全てが不安定。

一体何が起きるか分かりません。

実際既に私はその被害(?)に遭ってしまいましたし…涙

>>関連記事:2年連続ボランティアでイギリスに滞在する予定がダメになってしまった話

なかなか油断はできませんが、自分も含め、これからイギリスボランティア留学を考えていらっしゃる方の参考にしていただければと思います。

ランキング参加中

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ シニア海外ボランティアへ

\ SHARE /

-イギリスボランティア留学
-, , ,

Copyright© Lovely Sunny31歳からのヨーロッパ生活 , 2019 All Rights Reserved.