オランダ関連 オランダ生活

オランダのゴミ捨て事情がとても画期的だと思った話。

投稿日:2019年6月22日 更新日:

こんにちは!

管理人のひさとです。

オランダへ来てからとても気に入っているものがあります。

こちら。

ゴミ箱です。

こちら、我々の住んでいるアパートの門を出てすぐのところに設置されているゴミ箱。

ここに一般ゴミ(家庭ゴミ)をポイっと捨てるのですが、捨てるにはこのカードキーを使ってゴミ箱のロックを解除してから蓋を開けて捨てる、という流れになっています。

ちなみにこのゴミ箱、アパート用のゴミ箱かと思っていたらそうではなかったようでして。

今回はオランダのゴミ捨て事情についてお届けしたいと思います。

オランダのゴミ捨て事情

アパートのすぐ目の前にあるのでアパートの住人用のゴミ箱なのかと思っていたのですが、アパートの住人だけではなく、どうやらこの付近に住んでいる人用のゴミ箱らしく。

自治体から一世帯に一枚配られるこのゴミ箱用のカードキーを持っている人のみゴミを捨てることができるようになっているそう。

 

それにしても、そんな人数の人が家庭ごみを捨てるにはちょっとゴミ箱が小さすぎると思いませんか?

実は…

このゴミ箱には秘密があるのです…!

この写真↓をよく見ていただくと、ゴミ箱の下の地面部分にシルバーの部分が見えると思います。

実はこのゴミ箱の下には大きなゴミ箱が埋まっているらしく、私たちがゴミを捨てるこのゴミ箱自体はその入り口というわけです。

ネルソンダック
どおりでゴミをポイっとした時に、ゴミが底に着地した時の音が聞こえるまでにこのゴミ箱にしては時間がかかるなと思ったよ~!

ゴミ箱の種類

ボトル用のゴミ箱

上のゴミ箱は一般ゴミ(生ごみや家庭ごみ)を捨てるゴミ箱ですが、他にも色んなゴミ箱があります。

こちらはガラスのボトル用のゴミ箱。

左が茶色いボトル、右が白いボトルを入れる入り口です。

空き瓶を一本ずつ投入していくのですが、底が深いので、投入してちょっと時間が空いて「ガシャン!!!」と粉々に割れる音が聞こえます。

これがなんだか…楽しい。爆
ひさと

なかなか自らガラスの瓶を割ることってなくないですか!?

ここでは一本一本ボトルを投入することによってその一本一本がガッシャンガッシャンとゴミ箱の底で割れるんです。

これがなんとなく気持ちよくって。。笑

それにしても、最終的に割れた瓶が収集されるということになるわけですが、ボトルが何本もそのまま捨てるよりも、容量も確保されるので効率的ですよね。

なんというか、これまであまり考えたことのなかった仕組みだなあと…。

 

お金が返ってくるボトルがある

ちなみに、ビール瓶など、いくつかここには捨てない方がイイボトルたちがあります。

瓶を見て貰うとどれその対象になっているか分かるようになっているのでチェックしてみましょう。

たいていがお酒の瓶が対象になっているようです。

Statiegelt €0,10という表示が見えるでしょうか?

これは、これが書かれているボトルは返却すると10セントお金がもらえるよという意味らしいんです!!

ではどうやってボトルを返却してお金を返金してもらうのかといいますと…

オランダのスーパーにはボトルを返却できる機械が設置されており、そこに自分で持ち込んでボトルを返却します。

流れていくボトル…

この機械に対象のボトルを一本ずつ流していきます。

全部投入し終えたら、画面の緑のボタンを押して完了。

そうすると↓のようなレシートが出てきます。

この時は7本投入したので70セント分をゲット!!

このあと普通に買い物をして、最後にレジでこのレシートを見せるとこの分の金額がその日のお買い物から割引されるという仕組みになっています。

 

ゴミを出してお金が返ってくると思うと、リサイクルもヤル気が出ますよね!

そもそもお酒を購入した時にボトル代というのが取られているらしいんです。

それが最後に返ってくるという仕組み。(まるまる返ってくるわけではないのかもですが…)

本当に画期的な仕組みだと思います。

 

服やカバン用のゴミ箱

こちら、服や靴、カバンなどを捨てるゴミ箱。

靴やカバンでリサイクルショップに持って行くこともできないほどのものって、どうやって捨てたらいいか悩んだりしてしまいがちだったんですが、このゴミ箱に捨てるだけでいいというのはなんと便利!

捨てる側の負担が少ないオランダのゴミ収集事情

この他にも、紙は定期的に収集に収集にきてくれたり、他にも分類わけされたゴミ箱があったりするようです。

我が家ではとりあえずボトルと紙は分けておき、空き缶や日本では厳重に分けているプラ製品などはそのまま一般ゴミに捨ててしまっています。

いいのかな!?…と思っていたのですが、何やらオランダのゴミ焼却は高性能で、たいていのものをそのまま燃やしてしまってそれをエネルギーに変えることができるとかなんとか。

また、オランダではゴミ処理税というものがあるらしく。

一人?一世帯当たり?年間3~4万円ほどの税金を支払っているとかなんとかいう話。

高いのか安いのか最早分かりませんが、それでもゴミを出す側の手間がなるべくかからないようになっている…と思うこのゴミ捨ての仕組み。

上で紹介したゴミ箱たちも、年中いつでもそこにゴミを出していいんです。

日本のやり方であれば、ゴミごとに収集日が決まっていて、その日の朝早くにゴミ捨て場に出しておかなくてはいけないところで、オランダでも以前はそんな感じの仕組みになっていたらしいのですがね。

数年前から新しいゴミ収集の仕組みに変更し、今の仕組みが確立されたようです。

まとめ

実のところ…

私、かなり感銘を受けました。

このゴミ捨ての仕組み。

毎日いつでも家庭ゴミを出していいなんて、すごく効率的じゃないですか…!

今まで知らなかったオランダという国でのゴミ捨ての仕組み。

分かりやすいし、朝早起きもしなくていい。

最高です。

なんなら、カードキーでゴミ箱を開けるのが楽しいくらい!

ところ変わればゴミ捨ての仕組みも変わる。

面白いですねぇ~。

 

以上、感銘を受けたオランダのゴミ捨て事情をお伝えしました!

ランキング参加中

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ シニア海外ボランティアへ

\ SHARE /

-オランダ関連, オランダ生活
-,

Copyright© Lovely Sunny 31歳からのヨーロッパ生活 , 2019 All Rights Reserved.