生活と文化

イギリスのクリスマスはこんな感じでした☆体験談

投稿日:2018年12月12日 更新日:

こ…こんにちはー!

管理人のHISATOです。

大変長らくご無沙汰しておりました…。

最後の更新、8月っていうね…(遠い目)

気にしてくださっていた方がいるかどうかはさておき、私は元気でやっております!('◇')ゞ

実はプライベートでいろ~~んなことがありまして…

場合によってはちょっとこのサイトのコンセプトも変わってくるかもというか変えるかもというか変わるかもというか…

そんなこんなな感じで検討中でありまして、その時にはまた追ってご報告したいと思っています!

全ては年が明けてからハッキリしますので、いましばらくお待ちくださいまし。

さて。

突然ですが、クリスマスですね。爆

今年の1月に開設したこのサイトですが、そうこうしているうちにも1年が経とうとしており、今年が終わろうとしています…!

びっくり驚きー!

>>関連記事:オーバーアラサーのあなたに…!「Lovely Sunny 31歳からのイギリス生活」を作ろうと思った理由。

というわけで、今日は突然無理やりですが、イギリスのクリスマスについてちょっと触れておこうかなと思います(´・ω・`)

どこもかしこもクリスマス色に染まる!

日本でもクリスマスの時期はもちろん盛り上がるわけですが、ヨーロッパのクリスマスは本気度が違う気がします。

もう本当にどこの家庭もどこのどなたもどこの街も場所も全てがクリスマス一色!!!

 

ボランティア先の施設の様子…

イエスが生まれた時の様子。

日本でも知っている人は知っていると思いますし、同じように飾られるお宅もあるかとは思うのですが、こちら、イエスキリストが生まれた時の厩(うまや)の様子を表した置物です。

真ん中に赤ん坊のキリストがいるのですが、12月25日がくるまでこの赤ん坊は不在状態にしておき、25日になると生まれた!ということで赤ん坊の人形を飾るそうですよ~。

とっても手がこんでいますよね!

この置物はボランティアで働いていた施設で見かけたのですが、特に1名、入居者さんの中に敬虔なクリスチャンの方がいたので、より一層かなり宗教色の強いクリスマスの雰囲気を感じました(^^)

手作りケーキ。

こちらは施設で作った手作りケーキ。

デコレーションを施したのは、私です!笑

大丈夫!

自分のセンスのなさは自負しております!涙

 

一般家庭の様子…

一般家庭のクリスマスの様子。

硬い表現になってしまいましたが(^^;)

知り合いのお宅のおうちの様子です。

とても大きな豪邸なのですが、部屋の中には大きなツリーがドッカンと置かれていました。

本物のモミの木で、飾りつけも美しく施されており、ムード満載です。

あまりにもゴージャスすぎて、何枚も何枚もたくさん写真を撮ってしまいました。笑

 

ロンドンの様子…

オックスフォードサーカスストリート

ロンドン市内もすさまじくクリスマス色に染まりまくります!

こちらはオックスフォードサーカスストリートの様子。

キラッキラの天使が宙を舞っております…!

街の様子。

赤いロンドンバスまでもがまるでクリスマスのオーナメントの一つになっているかのような、夜のロンドンの風景…☆

ワンコまでも…☆しかしやや不服そう…爆

家族で過ごすクリスマス。

日本では、どちらかというと子供向け、もしくはカップル向けのイベント、というイメージのあったクリスマス。(あくまでも私の視点での話です。)

イギリスでは【家族】のイベントでした。

イベントというよりも、そもそもが祝日になっていますし、クリスマス前後合わせて2週間程みんな学校やお仕事はお休み。

12月25日の午後には毎年決まってエリザベス女王のスピーチがテレビで放送されるそうです。

昨年の女王のスピーチ、私も拝見したのですが、今年あった出来事についてなど、色んなことに触れつつ、キリストについても触れたりと、かなり宗教色を強く感じました。

日本ではこういう雰囲気、あまり感じたことないなぁと…。

日本の皇室の方々が、スピーチの中で【神】について触れている様子など、なんというか想像できないというか…

日本は神道・仏教が主流ですが、文化や伝統としてそれらを身に感じつつも、宗教色はかなり薄いと思うので、日本とはまた違った雰囲気のクリスマスを感じたのでした…☆

 

ちなみに日本では12月25日は休みではない、というとみんな驚いていました。

その代わり12月23日が天皇誕生日で休みだ、と伝えると、興味深そうにしていました。笑

 

おっと。

話を戻しますが。

どちらかというと、家族で過ごすことに重きを置いているイギリスのクリスマス。

語学留学の時にホームステイしていた時期にちょうどクリスマスがかぶったのですが、とてもじゃないですが家にいられるような雰囲気ではなかったので(爆)、自らロンドンでクリスマス前後の2週間は過ごすことに決め、住んでいた街ブライトンからロンドンに足を延ばした私(^^;)

イギリスでのホームステイはビジネスライクと聞きますが、こういうところ、特にそんな感じですかね(^^;)

>>関連記事:【イギリス語学留学】気になるホームステイ生活。私の場合はこんな感じでした。

そのロンドン行きの計画についてホストマザーに告げた時の彼女の反応は、

「あ、そうなの?丁度良かった!ロンドン楽しんでね☆」

という感じで、あ、やっぱり家にはあまりいてほしくなかったんだなと察しました。爆

 

普段集まらない親戚なども集まって、親族水入らずで過ごすクリスマスということで、私の存在はお邪魔だったようです(^^;)

他の日本人の友人なんかは、クリスマスの間だけ別の受け入れ可な家に預けられることになったり、ホテルに預けられたりなど、結構シビアな仕打ちが待っていた人もおり、ロンドン行きを決めておいて良かったとつくづく思った私だったのでした。

これはイギリス語学留学生のクリスマスあるあるなのかも…?(-ω-)

まとめ

そんなこんなで、イギリスのクリスマスについてかなりザックリと紹介してみました。

日本にいる時にはあまり意味をわかっていなかったり、本当に単なるお楽しみイベントのように過ごしていたクリスマスの時期でした。

イギリスの本格的?なクリスマスは本当に心からワクワクしましたし、人によっては本当にしっかりと意味を考えてクリスマスを祝ったり、国を挙げて、そして女王様までスピーチをするという大事なイベントということで、感慨深いものがありました。

日本人にとってはお正月の方が一大イベントって感じがしますしね!

イギリスではクリスマスが日本で言うお正月のような、一年で一番大事なイベントという感じでした。

イギリスではお正月はそこまで盛り上がっていない印象でした(´・ω・`)

ネルソンダック
大晦日のロンドンアイのところで開催される花火大会はテレビ中継もされて盛り上がるけどね!
その他にも、元旦にはロンドン市内でニューイヤーパレードが行われるよ!
ひさと

クリスマスの時期のイギリス、とっても楽しめると思います!

時間とマネーのある方は是非今からでもブックしてみては…!?

>>関連記事:イギリスで現地ツアーを申し込むなら【ベルトラ】がオススメ!

ランキング参加中

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ シニア海外ボランティアへ

\ SHARE /

-生活と文化
-, , , , ,

Copyright© Lovely Sunny 31歳からのヨーロッパ生活 , 2019 All Rights Reserved.