イギリス語学留学情報 イギリスボランティア留学情報 イギリス色々

英語ペラペラ?イギリスで2年生活してみた結果の英語力

投稿日:2018年3月12日 更新日:

31歳で突然語学留学を決意。

英語力ゼロの状態で渡英。

最初の11ヶ月は語学学校に通う語学留学。

そして半年あけての1年間のボランティア。

約2年間イギリスで生活をして、英語力が果たしてどう変化したのか、紹介します。

そもそもの私の英語力

最初の語学留学を終えた時点での英語の上達具合については「11ヶ月のイギリス語学留学でどれだけ英語が上達したか」の記事で書いていますので、こちらを是非参照ください。

上の記事を読んでいただけると分かると思いますが、最初の渡英時点での私の英語力は、ほぼ皆無といってもいいレベルで、全く聞き取りも話すこともできませんでした…涙

それが11ヶ月の語学留学でなんとかちょっとした日常会話程度ならできる程度までになり、少しは英語を話せる、と言える程度のレベルになりました!

語学留学時の英語環境

語学留学時は、下記のような英語環境で11ヶ月生活していました。

  • イギリス人の家庭で3ヶ月ホームステイ。
  • ホームステイ先を出た後は大家さん含むイギリス人3人と一緒にシェアハウス暮らし。
  • 学校ではもちろん英語のみ使用。
  • 語学学校で聴く英語はイギリス英語を話すのは先生の英語と、クラスメイト達のそれぞれの国の訛りの入った英語。
  • 学校外に日本人の友達が数人おり、たまに会って日本語で話しながらお茶したり食事したり。
  • イギリス人の彼氏が出来た為、一緒にいる間は常にイギリス英語漬け。

特にイギリス人の彼氏が出来たことは、英語の上達に大きく影響したと思います。

関連記事:イギリス語学留学中のホームステイ先での生活。

関連記事:イギリス語学留学・シェアハウスでの生活

ボランティア留学での英語環境

語学留学の後、一旦日本へ帰国。

半年を挟んで、再び今度はボランティアとして渡英しました。

私が過ごした環境は以下の通り。

  • 同じく他に日本人ボランティアが2人いた。
  • 彼らとは同じフロアに一緒に住んでいた。
  • 他にポーランド人とイギリス人も同じフロアに住んでいた。
  • 仕事中は日本語での会話は禁止されていた。
  • 同僚のスタッフ達はポーランド人とイギリス人。
  • 彼らと接することはランチタイムの入居者の食事介助の時や、入居者の付き添いで一緒に外出する時くらい。
  • アクティビティ担当のイギリス人スタッフとは毎日一緒。
  • プライベートでは日本人の友達とたまに会ってお茶したり食事したり。
  • ラトビア人の彼氏が出来たので、ネイティブ英語ではないが、一緒にいる間は英語漬け。
  • イギリス人の友達とたまにお茶したり食事したり。

本当は、二年目となる今回は、完全なる英語環境で過ごしたかったので、私一人でのボランティア参加を希望していたのですが、私が応募したタイミングで募集がかかっていたこの施設が募集していたのが日本人3名であった為、自分一人での参加は諦めることとなりました。涙

その二名とは一緒のフロアに住んでいたので、キッチンで会ったりして話をしたり、仕事について話をしたりなど、日本語で話す機会が日常生活の中では結構多くなってしまいましたが、日本人3人で頻繁に一緒に行動するということはほとんどなく、とにかく日本語を使う時間を必要最小限に留めるよう各々努力しました。

また、二人はほぼ英語初心者であった為、スタッフや上司の言っていることや指示などを必然的に私が訳して彼らに伝える必要がありました。

大変でしたが、それが自分の英語力上達にかなり繋がったと思っています。

関連記事:イギリスボランティア留学での日常。

また、イギリスに住んで12年ほどになるラトビア人の彼氏が出来ました。

ネイティブのイギリス英語ではなく、訛りも少しありましたが、ネイティブ並みに流暢に英語を話せる人であった為、前回の語学留学時代と同様に英語漬けになれる機会ができました。

彼氏ができたことは今回もまた英語の上達に影響したと思います。

 最終的な上達具合

最終的な現在の英語力を簡単に言うと、

英語を話せるかと言われると話せるが、ペラペラではない

と言う感じです。

まっっったく英語を聞き取れない話せないという方から見ると、「ペラペラ」に話せているように見えるかもしれません。

しかし、「ペラペラ」というのは何を持ってどの段階のことをそう言うのかが、実際に自分がある程度英語を理解できるようになった今はかなり基準が難しいところだと感じています。

今の私の場合は、自分の言いたいことはそこそこ伝えられるし、相手の言いたいこともそこそこ分かる、という状態です。

それが1対1であれば、なおのこと効果的です。

初めて会った人とでも一日中でも会話をしながら過ごすことが出来る程、英語で会話をするということに恐怖心やストレスはなく、自然に会話が成り立つようにはなっています。

しかし、それが複数人のイギリス人の会話に混ざるという状況である場合はちょっと状況は変わり、悲しいですが、かなり置いて行かれます…。

やはりネイティブ同士の会話について行くのはかなり難しいです。涙

特に、しっかり自分に対して話しをしてもらえると理解できるのに、相手が一方的に話しているのを聴いているという状況(例えばラジオや映画やニュースなど)であると、理解できないということが良くあります。

そんなまだまだな私の英語力ですが、少なくとも特にリスニングは最初の頃と比べると格段に上達しているのが自分でも分かります。

しかし、特にイギリス英語に限り、と言った方がいいかもしれません(^_^;)

アメリカ英語を聴く場合は音の違いに耳と脳みそが混乱してしまい、冗談抜きでかなり聴き取り辛く、パッと頭に入ってこないのです。

あとは、リスニングに関する自分の問題点としては、知らない単語や語彙が出てくると意味を理解することができない、と言う感じです。

話の流れや状況から理解できることもありますが、完全に知らない語句が出てくると本当にそれはもう、お手上げです。爆

ネルソンダック
これは単純に、よりたくさんの語句を覚えるしかないよねぇ…
はい。頑張りやす。涙
ひさと

スピーキングに関しては、自分が話しやすい簡単な言い回しばかりを使って話している、という自覚が自分であります。

無意識なのですが、だいたい同じ言い回しを使っている感じです。

あとは単語を繋げて無理やり文章を作り、相手に察してもらう、という感じでやりくりできている部分もあるので、スピーキングについてはまだまだだなぁと毎回痛感します。

そして、凹みます。涙

まとめ

最近自分の問題点を少しでも解決すべく取り組んでいるのが、英語で本を読むということです。

難しいものではないのですが、簡単でストーリーも知っているということから、ハリーポッターにチャレンジしてみています。

あとはアプリを使ってイギリスの新聞の記事を読むこと。

リーディングをすることで、色んな単語や言い回しにその状況もあわせて触れることが出来、それがリスニングとスピーキング、両方の上達に繋がるのではないかと感じています。

実際に、ボランティア中のアクティビティの中で行っていた、入居者へのクイズの出題などで、そのクイズを読み上げることで新しい単語や言い回しを覚えることが出来たということが多々ありました。

英語については永遠について回る私の課題になると思いますが、脱OLしてイギリスへ行った程に英語は今の私にとって趣味を超えた何か大きな人生の目標の一つになっており、英語を少しでも上達させることができれば、自分の人生にも必ずいい影響を与えてくれると思っていますし、実際与えてくれています。

人生エンジョイする為にも、これからもますます英語の上達を目指して精進していきたいと思います!

関連記事:日本でイギリス人と英語で話していて我が身に起こったこと

ランキング参加中

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ シニア海外ボランティアへ

\ SHARE /

-イギリス語学留学情報, イギリスボランティア留学情報, イギリス色々
-, , ,

Copyright© Lovely Sunny 31歳からのヨーロッパ生活 , 2019 All Rights Reserved.