イギリスボランティア留学情報 生活と文化

日本と違う!?イギリスのバレンタインデー事情

投稿日:2018年2月6日 更新日:

2月ということで、日本では節分が終わったばかりかと思います。

イギリスではもちろん節分というイベントはないわけですが笑、大事なイベントが控えています。

バレンタインデー!です。

 

というわけで、イギリスのバレンタインデー事情について紹介します。

男性から女性へプレゼント

聞いたことがあるかもしれませんが、イギリスを含め、ヨーロッパのバレンタインデーでは、男性が女性へプレゼント、もしくは薔薇を送るのが定番となっています。

しかも、「愛する女性へ」というところがポイントです。

日本のように、義理チョコを配るという概念はないようです。笑

 

薔薇の数は12本

これは「絶対に12本」というわけではないと思いますが、何かそういう伝統というか、お決まり、みたいなものがあるようです。

しかも11本が赤い薔薇で、1本白い薔薇を入れるとかなんとか…

う~ん。

お洒落ですね~。

 

ホワイトデーは日本ならではのイベント

ちなみに、バレンタインデーの反対版的な感じで、日本ではホワイトデーが3月にありますが、こちらではホワイトデーなんていうものは存在しません

ホワイトデーは日本独自のイベントということで、こちらでホワイトデーと言っても通じません。笑

何よりも、女性から男性へチョコレートを渡す習慣のある日本に対して、愛する女性に薔薇もしくはプレゼントを男性が渡すという習慣がイギリスではあるわけですが、女性がそのお返しをするという前提みたいなものがないところがさすが紳士の国と言う感じがします。笑

つくづく、なぜ日本では逆になってしまったんでしょうね。笑

外国の文化を日本らしく自らの文化の中に取り入れることができる日本もさすがですけどね!笑

 

まとめ

愛する女性へ薔薇をプレゼント…

というのが通例のイギリスのバレンタインデーのようですが、実は私が今ボランティアをしている施設では2月14日のバレンタインデー当日に入居者の為にバレンタインパーティーを開きます。

ケーキを作ってみんなで食べることになる予定ですが、ちょっとした義理バレンタインデーっぽいイベントになりそうです。笑

今日はそのバレンタインパーティー用のデコレーションを作成しました。

こちら。

本当はこの2枚目のハートはゴールドのキラキラを赤い色の上から塗ったので、写真ではちょっと暗くて分かりにくいかもしれませんが、光に当たるとキラキラして綺麗なんですよ!

(必死。笑)

バレンタインデーまでまだ少し日があるので、もう少し追加で何か作成する予定にしています。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ランキング参加中

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ シニア海外ボランティアへ

\ SHARE /

-イギリスボランティア留学情報, 生活と文化
-, , ,

Copyright© Lovely Sunny 31歳からのヨーロッパ生活 , 2019 All Rights Reserved.